損益計算書はいつ出すの?

  • 2013.07.03 Wednesday
  • 22:33
 今でしょう!

損益計算書を見るとき最初にどの数字を確認してますか?

売上高?

営業利益?

経常利益?

当期利益?


ある人は売上高と答えます。

でもある人は営業利益と答えます。


人によって最初に見る数字は様々です。

ただ経営に活かすデータとしては、経営者によって参考にする数字は
違います。


利益ばかりでなく、経費もデータとして出ています。

経費の中には毎月必ず発生する経費があります。

リピートするビジネスでいえば王道企業の支払いです。

電気代

水道代

ガス代

電話代

その他にも人件費や家賃など経費の大部分を占めるものあります。


経費を見る上で注意したいのは金額だけを見るのでなく、
売上金額に対してどのくらい割合で占めているのかに目を向けたいですね。

また、前年同期と比較してどうなのか?




会計用語を順次解説していきます。

  • 2013.06.29 Saturday
  • 14:38
決算書を読むためにはある程度の基礎的知識があると、
読み進めやすくなります。


例えば、B/S P/L C/F。

日本語にすると、

貸借対照表

損益計算書

キャッシュフロー計算書

となります。
キャッシュフロー計算書などを読めるようになると、
利益の質もよくわかるようになります。

決算書を読む練習としては、
上場企業などは公開されていますので自分の業種と同じ企業の
決算書を見てみることをお進めします。

業績アップするための指標になる場合もあります。
決算書を通じて経営をよくする視点を養うこともできます。

決算書は過去の経営の結果だからとか、
税務申告するために作成するとか思っている方も多いかもしれません。
確かにそういう一面もあります。

そういう一面以外にもたくさんの要素も含んでいるのが決算書だと
いうことも忘れないでくださいね。

会計用語集は弊社ホームページ上にて順次公開していきますので、
興味がある方はごらんいただければ幸いです。