日商簿記検定 申込締切がもうすぐです。

  • 2013.10.13 Sunday
  • 01:02
日商簿記検定とは、
日本商工会議所が主催する簿記検定試験です。

第135回の試験が平成25年11月17日(日)に各地の商工会議所で行われます。
申込受付期限は10月18日(金)までです。
(インターネット経由申込なら10月19日(日)までです。)

簿記検定受験する意味を考えると、
簿記の仕組みを学ぶことにあります。
簿記の仕組みが理解できると非常に経営に役立つことは間違いありません。

貸借対照表(B/S)や損益計算書(P/L)や、
キャッシュフロー計算書といわれる財務三表も理解できるようになるからです。

特にキャッシュフロー計算書を理解できるようになると、
経営資源の効率化を引き出せるようになり、
投下した資本を増やすための知識を得ることができるようになるのです。


簿記の勉強をする時間がないと思われているかもしれません。
勉強する時間がないから税理士に頼んでいるという経営者の方も
多いのは事実です。

ところであなたは自動車の運転免許証を持っていますか?
現代社会において自動車の運転免許証は18歳以上のほとんどの
方が取得されています。
取得する時間をわざわざ割いて、
30万円前後のお金をかけているのです。

簿記検定の詳細は、
日本商工会議所のホームページを参考にしてください。