会計データの消失リスクとは?

  • 2013.12.27 Friday
  • 08:00
会計ソフトを使用しているなら、
万が一の会計データ消失に備えて、
会計データのバックアップをしているとは思いますが・・。

通常、会計ソフトを使用している人の殆どが、
会計ソフトをパソコンにインストールしている関係で、
会計データをパソコン内に保存しています。

もし、そのパソコンが壊れたり紛失したりしたら・・・?

たちまち、業務がストップしてしまうでしょう。

たまたま会計データをUSBや外付けHDD(ハードディスクドライブ)などに、
バックアップをしていたら、会計ソフトとともに再インストールすれば、
業務に支障をきたさないで復旧が可能だと思います。

しかし、会計ソフトの再インストールやバックアップデータの復旧は、
操作に慣れている人にとっては簡単ですが、
そうでない人にとってはとても煩雑な作業に思えてしまうようです。

会計データバックアップをしていなかったら・・・?

復旧するまでに相当な時間を費やしてしまいます。

なぜなら、過去の会計データを再入力していかなければならないからです。
一度入力している過去のデータをもう一度入力する作業ってどう思いますか?

もう考えただけでも・・。
ショックは相当大きいです。

そうならないためにも入力済みの会計データは、
こまめにバックアップをすることをお薦めしています。



 

freee認定アドバイザーのロゴを追加しました。

  • 2013.12.19 Thursday
  • 23:32
弊社ホームページに、

クラウド型会計ソフトfreeeの認定アドバイザーロゴを
追加しました。

↓ ↓ ↓
freee認定アドバイザーロゴ





http://lg-project.com


 

会計ソフトの選択基準

  • 2013.08.18 Sunday
  • 09:59

これからの会計ソフトの選択基準で重要なポイントを上げるとしたら、

クラウド利用

をお薦めします。

会計ソフトを利用していてもっとも不安に感じることは、

パソコンが壊れてしまったらどうしよう?

つまり、会計ソフトを利用しているパソコンが壊れてしまったら、
データをバックアップしていなかったら、いままでのデータが消失
してしまうことです。

仮にバックアップしていたとしてもバックアップ先が外付けハードディスクでそれも壊れてしまったら・・。

復旧作業に時間はかかりますし、
何よりも復旧作業は知識がないとなかなか前に進みません。

パソコンも低価格化していますので、
使用しているパソコンが壊れたら修理するよりパソコンを買い換えるという人が増えています。

修理費用と修理期間を考えると買い換えた方が早いです。

クラウド会計ソフトでしたら、
パソコンを買い換えてもすぐに使用できるからです。

会計事務所などでは、
データの保存をサーバーにしています。

サーバーを利用していることで、
使用するパソコンを選びません。
パソコンにはデータを残さずにサーバーにデータを保存するからです。

そのサーバーが壊れてしまったら困りますが、
ほとんどの会計事務所ではデータのバックアップをとっています。
もし、バックアップをしていなかったら・・。

会計事務所でもクラウド保存をしているケースが増えています。

弊社では、経理ソフトなら、
クラウド会計ソフト”freee”をお薦めしています。

なぜなら、企業にとってとても重要な会計データをクラウドにて
バックアップをしています。しかも、万が一のときを考えて1箇所だけの保存ではなく、マルチに保存してくれているからです。

弊社ではクラウド会計ソフト”freee”の導入を積極的に進めています。



経理のクラウド化

  • 2013.08.16 Friday
  • 11:07

経理作業を紙媒体ベースで行うと、
とても煩雑な作業です。

複式簿記を学んでいる人ならその作業の煩雑さはご理解いただけると思います。

転記ミスなどがあると、
帳簿をいくつも合わせなければなりません。

精算表という帳票も作成しなければなりません。
この作業も転記ミスがあると仕訳を一つづつ目で追いかけながら
チェックしていくのですが、なかなか転記ミスした箇所が見つからず、
結構な時間がかかることも多いのです。

しかし、
今やコンピューターの発達により一つの仕訳からいろんな帳面へと自動転記
してくれて精算表と同じものが簡単に作成できてしまいます。

簿記の知識がなくてもある意味作成できてしまいます。

もちろん簿記の知識があれば作成された帳票を上手に経営に活かす
ことができます。

私自身も一日かけて作成していた精算表も、
パソコン活用したおけげで1時間もあれば作成できてしまいました。

おまけに入力ミスがなければ計算ミスはありません。

経理はパソコン経理にどんどんすべきです。

パソコン経理ソフトもいろいろ出回っていますが、
パソコン経理ソフトを選ぶならクラウド会計ソフト”freee”が
お薦めです。

クラウド会計ソフト”freee”をお薦めする理由はたくさんあります。



グーグル元社員が開発したクラウド会計ソフト

  • 2013.05.28 Tuesday
  • 08:11
 昨晩のテレビでグーグルが特集されていました。

グーグルの始めの一歩はガレージからのスタートでした。

そのグーグルは今や世界有数の企業に成長しています。

そのグーグルで働きたいという人が年間100万人も応募しているって
ご存知でしたか?

100万人!?

スケールが違い過ぎます。

社員の人にインタビューしていましたが、

その社員の人は15回も面接を受け、
最後の面接でやっと創業者と面接ができ入社に至ったと語っていました。

そんな会社グーグルの元社員が作ったクラウド会計ソフトが
”freee”なんです。

私の会社でも使っているのですが、
このクラウド会計ソフト”freee”は使い込めば込むほど、
使いやすいと実感しています。

簡単な操作性で決算書まで簡単に作成できてしまいます。

他の会計ソフトでも入力ができれば、
簡単に決算書はできてしまうのですが、
操作性が違います。

とてもわかりやすいのです。